松屋フーズの取り組み

業界をリードする再生利用等実施率を実現。

松屋フーズは、関東地方の約600店舗から排出された食品廃棄物を自社トラックで回収し、静岡県富士宮市の自社堆肥場で自然発酵させて堆肥化する、独自のリサイクル・ループを構築。
その結果、2018年度はグループ全体で、食品リサイクル法に基づく再生利用等実施率81.4%を達成しています。

専用堆肥場

関東地方の店舗から排出された食品廃棄物を自社トラックで回収。食品廃棄物は静岡県富士宮市の自社堆肥場へ搬送されます。

専用堆肥場

自社堆肥場に搬入された食品廃棄物を電気・ガス等の化石燃料を使わず、好気性微生物を主体とした微生物群の働きによって自然発酵させます。

専用堆肥場

40日~60日をかけて自然発酵で堆肥化。

専用堆肥場

堆肥場で生まれ変わった廃棄物は、循環型社会の実現に貢献しています。

一歩先を行くリサイクルへの取り組み。

松屋フーズでは、店舗における電気・ガス・水道の使用量の計測と削減、店舗から廃棄される紙類、プラスチック類、余剰油脂のリサイクルを行っています。
また、樹脂製の環境に優しいお箸を導入したことにより、平成20年度容器包装3R推進環境大臣賞「小売部門」において「奨励賞」を受賞。
その他、食器・厨房機器類のリユースも推進しています。

店舗用機器のリペア

松屋フーズグループでは店舗用機器のリユースを推進。
きれいに生まれ変わったリペア製品は店舗で有効活用されます。

洗剤

店舗で使用される洗剤類の容器は繰り返し使用。プラスチックごみの排出抑制に貢献しています。

環境保全と経済性を両立させる独自のWエコ発想。

松屋フーズでは、リサイクルや省エネ化を始めとする環境面における社会貢献はもちろん、環境保全の取組みがもたらすコスト削減効果を商品価格やサービスなどに反映し、お客様へ経済性の面で還元していく独自の「Wエコ発想」に基づく環境保全に取り組んでいます。
また、各種包材の厚さを常に見直し、より薄い材質の包材を導入するなど、廃棄量の低減にも努めています。

太陽光発電システム。

嵐山工場ソーラーパネル

嵐山工場、富士山工場、川島生産物流センター、および、グループ会社の(株)エム・エル・エスにソーラーパネルを設置。
再生可能エネルギーシステムの構築にも積極的に取り組んでいます。

ページTOPへ

  • 会社案内 TOP
  • 松屋からのメッセージ
  • 経営理念
  • 会社概要
  • 会社沿革
  • 松屋フーズの未来に向けて
  • 松屋フーズグループ
  • コーポレートガバナンス
  • 物件情報募集
  • 環境方針
  • 松屋フーズの取り組み
  • 次世代育成支援対策推進法への対応について
  • 女性活躍推進法 行動計画
  • お弁当ならWEB予約がお得!
  • 松券セレクト
  • QRコード決済ご利用方法
  • ニクレンジャー×モンスト 超肉祭
  • 定食のライスを「湯豆腐」に変更可能なサービスを提案
  • お肉たっぷり牛鍋膳発売
  • 松屋モバイルクーポン配信中!
  • 店舗限定!松屋のお米の販売
  • 松屋公式Twitterアカウント
  • 松屋公式Instagramアカウント
  • 松屋LINE公式アカウント お得なクーポン配信中!
  • 公式アプリ・松屋メルマガ
  • 松屋オンラインショップ
  • アルバイト募集中
  • 松屋のキッチンカー、出動要請承り中!
  • とんかつ業態、出店加速中!