About Company

松屋を知る

広がるビジネス
フィールド

お客さまに喜んでいただくために。松屋フーズの挑戦に制限はない。

創業以来磨き上げてきた商品開発力と持ち前のチャレンジ精神で、
お客さまも従業員もワクワクするような商品を生み出し、
これからも松屋フーズは変化し続けていきます。

ビジネスフィールド 図

新業態への挑戦
これまでの挑戦と成功の歩み

ゼロから新業態を立ち上げる開発力

牛めしから始まり、現在は8業態にまで広がった松屋フーズ。
ゼロから新業態を立ち上げる開発力と、強力な推進力を武器に、
更なる新業態開発を目指します。

みんなの食卓でありたい

「お客さまがホッとするお店でありたい」
「お客さまが笑顔になるお店でありたい」
創業当時から、その想いだけは変わりません。

2005年

松乃家

松乃家
2006年

福松

福松
2006年

すし松

すし松
2009年

cafe terrasse verte

cafe terrasse verte
2010年

麺Dining セロリの花

麺Diningセロリの花
2013年

マイカリー食堂

マイカリー食堂
2016年

ヽ松

ヽ松



更なる高みを目指して挑み続けます

拡大する店舗展開
お客さまの“食卓”として応え続ける

始まりは50年前。
たった一軒の中華飯店から始まった松屋フーズは、
今や海を超え、1,000店舗を超えるまでに成長。
「いつでもどこでも、お客さまが笑顔で囲める空間をつくりたい」
その一心で、これからも日本、そして世界へと拡大を続けます。

1966年1店舗
約8坪半の中華飯店からスタート 中華飯店“松屋”誕生。
約8坪半のわずか10人が入れる程の小さな店から、松屋フーズの歴史が始まった。
1995年100店舗
不況下の人々に寄り添う挑戦 長引く不況のもと、不況下の人々の暮らしに寄り添い、積極的に店舗やメニューを拡大。1993年には関西、1997年には東海に進出した。
1999年200店舗
上場を果たし、急成長 1995年の100店舗達成からわずか4年後には200店舗を達成するという急成長。
1999年の東証二部上場を経て、人員、店舗数ともに急増を続ける。
2001年400店舗
新業態開発への試み 1,000店舗の達成のため、多様な顧客層や立地に対応した新業態を模索。さまざまな試みは現在の多業態の礎を築いた。
2004年
2005年
海外進出
中国
2004年
中国1号店
開店
USA
2005年 米国において
Matsuya International,Inc.
(孫会社)を設立
2016年1,074店舗
拡大、深化、そして次の一歩へ 1,000店舗という「広さ」に加え、プレミアム牛めしという「深さ」も実現。お客さまにご満足いただくための、松屋フーズの変化と挑戦は、これからも続いていく。
目指すは、外食日本No.1 そして、世界へ。

目指すは、外食日本No.1
そして、世界へ。