雲のオブジェクト

多様なポジションがあるからこそ、ずっと働き続けられる。

三村 芽生

首都圏松屋カンパニー ストアチーフ(店長代理) Mimura Mei 三村 芽生 2018年入社 入社1年目

 一般の多くの方と同じだと思うのですが、就職活動を始める前に私が松屋フーズに持っていたイメージは、「牛めし屋さん」。ですが、会社説明会で牛めし以外の業態もたくさんあることや、社内にさまざまな部署があることを知り、「ここでなら同じ会社にいながらまったく違う経験できる」と興味を持ちました。入社後は牛めし業態の松屋で東京の店舗からキャリアをスタートさせ、半年後にストアチーフ(店長代理)に昇格しました。

 ストアチーフ(店長代理)の主な仕事は、ストアマネジャー(店長)の下で、スタッフのスケジュール管理や新しいスタッフの面接・教育、売り上げ管理などを行うこと。自分自身もプレイヤーとして現場に立ちながら、マネジメント業務も同時に行わなければいけないため、覚えることも多種多様です。少しでも早く成長できるよう、一度ストアマネジャー(店長)や社内の研修で教わったことは、しっかりと身に付けられるように心がけています。また、数多くの業務をこなすためにはスピード感も大切です。効率よく動けるように自分なりに工夫を重ねながら、日々の業務にあたっています。

 松屋フーズでは、経験を積んだストアマネジャー(店長)は複数店舗を担当するようになります。必然的に店舗にストアマネジャー(店長)がいない時間帯もあるため、そのあいだは自分が店舗の責任者。お客様もスタッフも新人だからといって甘く見てくれる訳ではないため、「何かあった時は自分が責任を持つ」という強い想いで業務にあたっています。そういった責任感は、学生のときにやっていたアルバイトとは段違い。もちろん、アルバイトの方でも責任感を持って業務に臨む人はたくさんいると思いますが、「1つの店舗を任される」というプレッシャーとやりがいは、社員だからこそ味わえるものだと思います。

 私が感じるストアチーフ(店長代理)のやりがいは、自分が面接して採用したスタッフと一緒に成長していけること。飲食業界が初めての人、海外の人、自分より年齢が上の人など、さまざまな人に松屋フーズで働く楽しさを知ってもらえるのは嬉しいですね。また、スタッフの能力や経験を考えながら、店舗のスケジュールを組んでいくこともストアチーフ(店長代理)業務の楽しさのひとつ。曜日や時間帯などで店舗の入客数を予想し、最適な人数・スタッフを組み合わせて、効率良く店舗を運営していくのは、まるでパズルゲームのような楽しさがあります。

 今の目標は、まずはストアマネジャー(店長)になることです。私は売り上げ管理などの数字関係に弱いので、そこから克服ですね……。大変なことも多い仕事ですが、周りの先輩たちがしっかりフォローしてくれるので、不安はありません。理想は誰に対しても壁がない、信頼してもらえるようなストアマネジャー(店長)になること。色々な経験をされた先輩たちのアドバイスをしっかりと聞いて、自分なりのストアマネジャー(店長)のあり方を模索していきたいと思います。

 実は私は、就職する前まで何事も長続きしないタイプでした。アルバイトも部活もすぐに飽きてしまう性格で、さらに将来の目標もなかったため、どちらかというと冷めた人間に見られていたと思います。そんな私がこの仕事を続けていけているのは、松屋フーズには本当にたくさんの仕事があり、どのポジションに行っても新鮮な経験ができそうだと実感しているからです。牛めし以外の業態にも興味があるので、いつかは新しい部署に挑戦してみたいですね。

ON!

主な仕事の役割

ストアチーフ(店長代理)として、約8割は店舗に立って現場業務に従事しています。あとは、スタッフのスケジュール管理や教育、店舗の改善業務なども私の仕事です。ストアマネジャー(店長)がいない時は自分が責任者なので、責任感を持って仕事に取り組んでいます。

OFF!

休暇の過ごし方

寝るのが好きで早起きが苦手なので、休日は心ゆくまで寝てリフレッシュ。起きてからはショッピングや映画鑑賞にもよく行きます。連休が取れた時は地元の山梨に帰ることも多いですね。離れて暮らしてみて、家族や地元の仲間の大切さを実感しています。