雲のオブジェクト

理系から飲食業へ就職。もっと売れる商品を生み出したい。

原田 弥那美

商品開発部/商品開発グループ マネジャー Harada Minami 原田 弥那美 2012年入社入社6年目

 大学でプログラミングを学んでいた私が松屋フーズに就職したのは、学生時代にアミューズメント施設でアルバイトをしたことがきっかけです。そこで接客業の楽しさを知り、いつしか飲食店で働きたいと考えるようになりました。入社後はストアチーフ(店長代理)やストアマネジャー(店長)、ブロックマネジャー(複数店舗統括店長)を経験し、現在は商品開発部の商品開発グループに所属しています。

トライ&エラーを繰り返しながらゴールに近づいていく行程は大学時代の研究に近いものがあって、大変ですがとても充実していますね。実際に出来上がったものは、自分でももちろん食べて味を確かめますし、周りに先輩や後輩がいれば食べて感想をもらうようにしています。作っては食べ、作っては食べ、という仕事ですので、気をつけないとすぐ太ってしまうことが悩みかもしれません(笑)。

 さらに、新商品のレシピが固まってからも、私たちには重要な仕事があります。それは各部署と連携して、開発した商品を流通網に乗せること。食材を確保する購買グループや、ポスターやフラッグなどの販売促進グッズを作る販売企画グループ、店舗で働くスタッフのオペレーション指導を行う採用教育グループ(教育)などの各グループと協力しながら、実際にお客様のもとに商品が届くまでのフローを描きます。

 新商品をお客様のもとへ届けるのは、想像以上に大変です。自分が考えたレシピが商品として完成するためには、味だけでなく、食材コストや現場での再現性など、あらゆるハードルを乗り越えなければなりません。ただ、そういった困難を乗り越えて商品をリリースし、それをお客様が美味しそうに食べている姿を見た時は、すべての苦労が報われるような大きなやりがいを得られます。

 松屋フーズには、様々な背景を持った従業員が働いています。働き方や働ける時間もみんなバラバラ。そんな事情に対応できる柔軟な勤務体制がこの会社の魅力です。例えば、基本的に営業部はシフト制ですが、小さなお子さんがいる主婦の方は時間と曜日を固定して働くことも可能です。また、結婚や出産などによるライフスタイルの変化があった時も、仕事を辞めなくていいようなワーキングマザー制度などの制度も整っています。

今はまだ男性の方が圧倒的に多いですが、会社として女性をもっと採用したい、もっと女性が働きやすい環境にしたいという雰囲気を感じます。会社の変革期を目の当たりにできているのだとしたら、それはとても嬉しいですね。私も松屋フーズもまだまだ成長途中。私もこれから先、色々と考え方やプラベートが変化するかもしれませんが、松屋フーズでならずっと楽しく仕事に取り組めると感じています。

ON!

主な仕事の役割

基本的には朝から定時まで試作品作りが主な業務です。食べることが仕事、とも言える部署ですので大変なことも多いですが、同じ部署の仲間たちとワイワイ楽しみながら業務に取り組んでいます。その他には、開発したレシピの提案、他部署との連携などもしています。

OFF!

休暇の過ごし方

オフは基本的にインドア派。録画したテレビ番組を見たり、読書するなど、ゆっくりと過ごすことで仕事の疲れを癒しています。また学生時代から文房具集めが趣味で、買い物に出かけたときはつい、文房具屋さんに行ってしまいます。新しいペンを見つけた時はテンションが上がりますね。