対談テーマ「マネジャー職のやりがいとは」


店長
×
エリアマネジャー

花澤Hanazawa Mamoru

営業部 東日本松屋カンパニー
ストアマネジャー(店長)
2016年入社

水谷Mizutani 宗義Muneyoshi

営業部 東日本松屋カンパニ―第38エリア
エリアマネジャー
2007年入社

信頼できる人を育てることで、
仕事がもっと楽しくなる。

【水谷エリアマネジャー(以下水谷)】実は私はエリアマネジャーとしての歴は浅いほうで、花澤さんと一緒に仕事をしてまだ半年も経ってないんですよね。だからこそ今日はお互いがどんなことを考えて仕事に取り組んでいるのか、じっくり話ができると思って楽しみにしていました。

【花澤店長(以下花澤)】いつも近くにいる存在のエリアマネジャーですが、実は私たちストアマネジャー(店長)からは見えないような苦労もされていると思います。その辺りのお話が聞けると思うと私もとても楽しみです。

私もつい最近までブロックマネジャー(複数店舗統轄店長)でしたので、両方の視点からお話できると思います。なんでも聞いてください(笑)。

ありがとうございます。ストアマネジャー(店長)のひとつ役職が上の、複数店舗を管理するブロックマネジャー(複数店舗統轄店長)まではなんとなく仕事のイメージができるのですが、エリアマネジャーになって仕事はどう変わりましたか?

基本的にはエリアマネジメントも店舗運営の延長線上にあるので、ベースはそんなに変わらないと思います。そこにプラスして、外販業者や障碍者支援センター、店舗オーナー様、不動産会社といった外部の方々とのやりとりもあります。あとはエリア内に新たに出店できそうな物件がないかを探したり、より条件のいい外販業者を探したりといった仕事もありますね。

なるほど。軽くご説明お伺いしただけでも、かなり仕事が多岐に渡ることが分かります。

水谷Mizutani 宗義Muneyoshi

営業部 東日本松屋カンパニ―第38エリア
エリアマネジャー
2007年入社

でも、やはり基本は担当複数店舗の運営管理や人材育成ですよ。その辺りは花澤さんが今やっていることと変わらないと思います。

私は今、2店舗のストアマネジャー(店長)を兼任しているのですが、2店舗でもスタッフのタイプ、お客様の質、お店の環境が違うと感じています。その条件の中でベストを出していくのが楽しいと感じてはいるのですが、やはりなかなか大変で…。

現在私は11店舗を統括しているのですが、そのすべての店舗で結果を出さなければならず、そこは花澤さんと同じく苦労している点です。ある店は人員不足、ある店は売上げが芳しくない、など店舗によって課題がマチマチなので、1店舗1店舗足を運んでしっかりと指導するようにしています。

2店舗でも管理項目が多くて大変なのに、11店舗ともなると目が回りそうですね…。

まだ私もエリアマネジャー1年目で手探りですからね。先輩のエリアマネジャーたちは20店舗以上担当している人もいますから、自分なりのやり方さえ見つけられればできない数字ではないな、と。

自分なりのやり方が見つかれば仕事が楽に、楽しくなるというのはストアマネジャー(店長)と同じですね。マネジメントをされる上で心がけていることはありますか?

やはり、部下の育成ですね。今は花澤さんを含めて、6人のストアマネジャー(店長)の部下がいます。たぶん自分ひとりだけで管理できるのは11店舗が限界。もっと多くの店舗を統括している先輩たちを見てみると、その下には優秀なブロックマネジャー(複数店舗統轄店長)たちがいることが分かります。仕事を信頼して任せられる部下がいれば、私自身も楽になりますし、エリア全体のレベルも上がると思います。

私も早くそうなれるように、頑張りたいと思います。

花澤Hanazawa Mamoru

営業部 東日本松屋カンパニー
ストアマネジャー(店長)
2016年入社

エリアマネジャーの基礎になっているのは、
ストアマネジャー(店長)時代の経験。

水谷エリアマネジャーは、ストアマネジャー(店長)時代、どんなことを意識して店舗マネジメントをされていましたか?

スタッフのモチベーションや稼働が下がらない環境づくりを意識していましたね。具体的には、厨房内の物の配置や冷蔵庫内のレイアウトを工夫して、いかに楽で作業しやすい厨房にできるかということと、無理・無駄・ムラのないスケジューリングを意識していました。あとはしっかりコミュニケーションを取ることで、スタッフの皆が安心して働ける店舗になっていたのかな、と。そのおかげか退職者が少ない店舗でしたね。

当時からやはり「人」を意識したマネジメントをされていたんですね。

どんなにいい条件の店舗でも、運営してくれるスタッフがいないとどうにもならないですからね…。

スタッフの教育は私ももっとも重要視しているポイントです。大変ですが、自分でいい人を採用して、育てて、仕事を任せられるようになると嬉しいですよね。あともうひとつお伺いしたいのですが、私はなるべく早くブロックマネジャー(複数店舗統轄店長)、エリアマネジャーになりたいのですが、そのためにどういったことを意識しておいたほうがいいでしょうか?

正解はひとつじゃないので、あくまでも私の経験からのアドバイスですが…。やはりストアマネジャー(店長)の段階から、複数店舗を管理するという視点を持っておくのは大切だと思います。自分の店舗のことだけじゃなく、隣の店舗、エリア全体がどうなっているのかを意識して働いている人はより深く考えて仕事ができるので、実際にエリアマネジャーになった時にも苦労が少ないんじゃないでしょうか。

たしかにエリア全体で物事を考えると、店舗単位の運営でもまた違った視点が生まれそうですよね。

あとは、ストアマネジャー(店長)だからこそできる仕事を、きちんと丁寧にこなしていくこと。顧客対応、店舗のメンテナンス、スタッフ採用、スケジュール作成、スタッフとのコミュニケーション、店舗の運営状況に対する気付きと改善への行動など、ストアマネジャー(店長)の仕事のすべてが、エリアマネジャーになった今も役に立っています。1店舗をしっかりと見ながら、エリア全体も見渡す、という2つの視点が大事だと思います。

ありがとうございます。

花澤さんはそのモチベーションの高さが強みだと思います。周りのストアマネジャー(店長)たちにもそのモチベーションをうまく伝えて、エリア全体をもっと強くしていってほしいですね。

はい! がんばります。

今日はゆっくり話せて楽しかったです。ではまた、現場で会いましょう!