対談テーマ「ストアマネジャー(店長)の
キャリアプランとは」


店長
×
店長

花澤Hanazawa Mamoru

営業部 東日本松屋カンパニー
ストアマネジャー(店長)
2016年入社

武安Takeyasu 政和Masakazu

営業部 東日本松屋カンパニー
ストアマネジャー(店長)
2015年入社

ライフスタイルや考え方が変わっても
働き続けられる、という安心感。

【武安店長(以下武安)】実は私たち同じエリアでストアマネジャー(店長)をしているので、普段からよく会話するんですよね。なので、改めて対談するとなると少し照れくさいというか緊張するというか、不思議な感じですね。

【花澤店長(以下花澤)】そうですね(笑)。でも、せっかくの機会なので武安さんが普段どんなことを考えて仕事されているのか、聞いてみたいと思います。武安さんは私の1つ先輩ですが、もともと飲食業を志望されていたんですか?

実は私は一度、電気工事士として別の職場で働いているんです。資格も取って。でも学生時代にやっていた飲食業の楽しさが忘れられず、思い切って松屋フーズに転職しました。花澤さんもたしか学生時代に飲食業でアルバイトされていたんですよね? 松屋フーズを選んだのはやはり成果主義に惹かれたからですか?

そうですね。年齢や学歴などにとらわれず、頑張った分だけ正当に評価してもらえる仕組みがとても魅力的でした。あとは負けず嫌いな性格なので、自分のこれまでの経験や知識でどこまで登りつめられるのかを試してみたかった、というのもあります。

たしかに花澤さんは負けず嫌いですよね(笑)。年下ですが、いつもエリアをグイグイ引っ張ってくれて、いつもいい刺激をもらっています。

ありがとうございます。今回の対談テーマは、「ストアマネジャー(店長)のキャリアプラン」ということですが、武安さんは働く地域を限定できる「ローカルコース」を選択されているんですよね?

武安Takeyasu 政和Masakazu

営業部 東日本松屋カンパニー
ストアマネジャー(店長)
2015年入社

そうなんです。最近までは全国転勤ありの「グローバルコース」だったのですが、両親の介護の関係で、「ローカルコース」に変更しました。花澤さんは入社した時から「グローバルコース」ですか?

私は武安さんと逆で、入社時は「ローカルコース」だったんです。でもだんだん地方のエリアにも興味が湧いてきて、昨年から変更しました。

1年に1回変更できるのがいいですよね。私もどこかのタイミングではもう一度「グローバルコース」に戻すつもりです。

同じストアマネジャー(店長)でも、東日本と西日本では仕事の質も違うでしょうし、北海道などの特殊なエリアに行くとその土地でしかできないような貴重な体験ができると聞きます。そうした経験は絶対将来の自分のためになると思います。

地方で働いたことのあるエリアマネジャーの話を聞くと、本当に面白い経験をされていますもんね。その辺りは日本全国に店舗を持つ松屋フーズだからこそできる働き方ですね。

そうですね。あとはエリアだけでなく、職種の多さも松屋フーズの魅力ですよね。仮に現場(店舗運営)が向いていなかったとしても、バックオフィスでの仕事やグループ会社がたくさんある。絶対に自分にあった仕事が見つけられるので、わざわざ他社に転職する必要もない。

その点も、私が松屋フーズを選んだ理由のひとつです。考え方や家庭の事情などでフレキシブルに働き方を変えられるのは、本当に助かります。職種の選択肢が幅広いため、様々な経験ができて新鮮味もありますし、新しい環境から人としても常に成長できるところが良いですね。

花澤Hanazawa Mamoru

営業部 東日本松屋カンパニー
ストアマネジャー(店長)
2016年入社

悩みを共有できる仲間がいるから、
モチベーション高く仕事ができる。

花澤さんはすごく上昇志向が高い人だと思うのですが、今後はどんなキャリアステップを想定されているんですか?

まずは複数店舗を束ねるブロックマネジャー(複数店舗統轄店長)を目指しています。そのあとはエリア全体を統括するエリアマネジャーですね。順当にいけばブロックマネジャー(複数店舗統轄店長)まであと4、5年という感じでしょうか。欲を言えばもっと早くなりたいですが、まずは担当している店舗でしっかりと数字を出すことだと思っています。

私も3年以内にブロックマネジャー(複数店舗統轄店長)、8年以内にエリアマネジャーを目指しています。その後のことはまだぼんやりとしか思い描いていませんが、電気工事士の資格を活かして、松屋フーズの機器をメンテナンスを行う部署に移るのもいいな、と。

色々な資格や経験が活かせるフィールドがあるっていいですよね。

先ほど、「担当している店舗でしっかりと数字を出す」のが当面の目標、とおっしゃっていましたが、花澤さんはストアマネジャー(店長)として心がけていることは何ですか?

ひとつは教育ですね。店舗運営はスタッフさん無しには成立しないので、いかに優秀な人材を育てるか、だと思っています。特に最近は外国の方も増えていますのでコミュニケーションをしっかり取って、松屋フーズの方針、自分のビジョンを伝えるようにしています。

教育、大切ですよね。スタッフの方の能力がダイレクトに店舗のクオリティに直結するので、本当に教育は大切ですし、その反面とても難しいと感じます。

ストアマネジャー(店長)は悩むこともありますが、同じエリア内のストアマネジャー(店長)同士で相談しあえる環境があるのが心強いですよね。色々な人に相談して、悩みを聞いてもらって、それでまた自信を取り戻せたり。

私たちのエリアは今、成長の過渡期にあると感じています。2人でこのエリアをもっともっと盛り上げたいですね。

やりましょう! 「あいつらがいれば安心してエリアを任せられる」と言われるような仕事をしたいですね。

私も、いつも花澤さんのバイタリティに刺激されています。がんばりましょう!