食品安全・品質管理

さらなる美味しさと安全・安心を目指して。

国産食材へのこだわり。

選び抜いた国産食材をお客様へ。それも松屋フーズのこだわりです。食材は、松屋フーズの品質基準をクリアしたものだけを全国各地から産地直送。野菜は提携農家が育てた素材の「生産履歴」を把握できるトレーサビリティ・システムを構築。一定の温度下で管理し、産地からお客様へ提供するまで鮮度を維持するコールドチェーン・システムを確立しています。また、主な食材の主要な原産地や特定原材料(表示義務のアレルゲンを含む27項目)の情報やメニューに含まれる栄養成分をホームページで自主的に表示しています。

国産食材へのこだわり

最高レベルの品質管理体制。

国産牛肉は、仕入先である食肉加工会社の月齢確認・給仕餌の内容・解体処理などを徹底的に視察。米国の食肉加工場では食品品質管理手法であるHACCP(危害分析・重要管理点)方式を導入していると同時に、特定危険部位の除去作業は米国農務省検査官の立会の下で実施。さらに食材を扱う生産工場では最先端のテクノロジーを活用した万全の品質・衛生・味覚検査を展開。生産現場から店舗に至る一連の過程で最高水準の安全確認が行われています。

拭き取り検査

店舗では雑菌等の「拭き取り検査」を定期的に実施。細部にわたる安全確認が行われています。

さまざまな検査

各工場の検査室では細菌・衛生・味覚など、安全と美味しさを約束する、さまざまな検査が日々行われています。

熟成チルド肉の導入。

松屋フーズは、生産地から工場までの物流プロセス、工場内での加工、工場から店舗までの物流保管プロセスまで、一度も凍らせることなくチルド管理された「熟成チルド肉」の導入に取り組んでいます。チルド管理により、充分な熟成期間を持たせることで、肉の柔らかさや旨味成分が増加。圧倒的な美味しさで高い商品力を実現する「熟成チルド肉」は、松屋店舗の「プレミアム牛めし」や松のや店舗の「ロースかつ」に使用されています。

熟成チルド肉

ページTOPへ

  • 安全・安心 TOP
  • 生産拠点
  • 食品安全・品質管理
  • 「身体がよろこぶ自然の味を」
  • 特定原材料について
  • 主な原材料の原産地について
  • お弁当ならWEB予約がお得!
  • 松券セレクト
  • QRコード決済ご利用方法
  • 鶏のバター醤油炒め定食発売
  • 復活!!ビビン丼
  • 松屋モバイルクーポン配信中!
  • 店舗限定!松屋のお米の販売
  • 松屋公式Twitterアカウント
  • 松屋公式Instagramアカウント
  • 松屋LINE公式アカウント お得なクーポン配信中!
  • 公式アプリ・松屋メルマガ
  • 松屋オンラインショップ
  • アルバイト募集中
  • 松屋のキッチンカー、出動要請承り中!
  • とんかつ業態、出店加速中!